きもの探訪

引き算の美学を追求して きもの姿をトータルプロデュース

染匠・市川純一郎さん

専門職人の分業によって、きものが生産されている京都。その中で、染匠(せんしょう)という、肩書きをお持ちの市川純一郎さん。きもの制作の総合プロデュース的なお仕事だそうですが、いったいどんなことをしているの?京都にある事務所と、職人さんが作業をする工場にお邪魔して、市川さんにお話を伺いました。

写真/高嶋克郎

市川純一郎さん

図案を描く市川さん。何度も手直しするのではなく、パッとひらめきで描くことが多いのだとか。

ーーー 型紙商の八代目だったそうですね。

うちは江戸時代から、型紙の産地である三重県の白子(しろこ)という場所で型紙をつくっていて、僕も家業は継ぐものと思ってたんです。ただ、時代のニーズも変わってきたりして、型紙商もきものづくりの工程の一つではあるけれど、もっと形になったものをつくりたいと思いましてね。もともと絵を描いたりすることが好きだったし、大学卒業後、いろいろなことを習おうと、染匠をしている職場に勤めました。

ーーー 染匠とは、どんなお仕事なんでしょう。

「こういうものを創りたい」そのイメージに限りなく近づけるよう、ものづくりをプロデュースしています。

この仕事は半分お商売で、半分は職人みたいなもんですから、営業や経営はもちろん、「この加工はこの職人さんが得意だからお願いしよう」みたいなマネージメントもしますし、僕は図案も描くので、絵の勉強もします。楽しい仕事ですよね。

昔は染めの工程に関する仕事がメインでしたが、今は素材から始まって小物づくりにいたるまで、すべてに携わっています。きものや帯だけじゃなく、小物なども含めてトータルに考えてこそ、その方にふさわしい装いができるからです。

風韻箔(ふういんばく)

金粉・銀粉などを練り込んだ樹脂に、顔料を混ぜた箔を刷毛で摺込んでいく「風韻箔(ふういんばく)」。職人さんが生地の上にマスキングテープを貼り、カッティングされた絵模様に着色していく。

工場にて、直接、色の指示などをする市川さん。かつては文化財の修復をやっていたという職人さんをこの道に誘ったのは市川さんだったそう。長年のおつきあいとあって、作業中の息もぴったりだ。

ーーー 日本和装の講師にもファンが多い市川作品、個別のオーダーも受けたりします?

それはありますよ。

普段より少し多めに時間をいただいて4~5ヵ月くらいかかりますけど、ひな形から見ていただいて、本図案を描いて「この生地にしましょうか、色はどうでしょうか」など打ち合わせし、途中何回も確認してもらって作業を進めます。

ものって、出来上がりをポンと手にするだけじゃなく、プロセスを見る楽しさがあるじゃないですか。「もうちょっとこうしてほしい」という自分の意見が反映されたりするのが、バイオーダー(注文による品)の醍醐味ですよね。

市川さんが描いた、雪輪と桜をかたどった図案(右)をもとに、本図案を作成(中央)。この絵柄を「風韻箔」で染めると、左のような美しいきものが完成する。

ーーー お相撲さんの化粧まわしをつくったこともあるとか。

仕事で東京へ行ったときに食事した鮨屋で、たまたま隣の席にご夫婦がいましてね。大阪弁でしゃべらはるし、こっちは京都弁だし(笑)なんとなく仲良くなって「飲みねぇ食いねぇ」に。

そのご夫婦が「まだまだですけど、息子が相撲取りでがんばってるんです」と話すので、「幕内に入ったら、なにかプレゼントしますわ」と言って別れてから4~5年後のこと。「覚えてくれてはりますか?」と電話がかかってきて、「幕内に入りました」と。それが豪栄道力士でした。「おめでとうございます、何させてもろたらええですか」「ほんなら化粧まわしの絵描いてほしい」ということになって、実現したんですよ。なんでもご縁ですね。

ーーー 染匠としてのこだわりや、大切にされている想いなどを教えてください。

平安時代の図案をそのまま使っても、それは真似でしかないでしょう?古典をベースにどんな形にするのかを考えるのが面白い。

武道や伝統芸術の世界でよく使われている“守破離(しゅはり)”という言葉があります。伝統を重んじて守りながら、それを自分なりに打ち破って、独自のものを創っていく。ものを創っている人間にとって、これがすべてだと思います。

具体的には「ちょっと控えめだけど、目立たずして目立つ」きものを目指しています。シンプルな中に立体感のある刺繍をちょっと入れたりしてね。引き算のカッコよさでしょうか。

主人公は着る方。我々の仕事は脇役で、お客さまがどう素敵に見えるか、が大事なんです。その方が、きものを着ることによってやさしく、穏やかな気持ちになれるようなものをつくれたらいいですよね。

「きもの着はったら、女性は倍素敵に見えますもんね」と話す市川さん。ご自身も普段からずっときものを着用されているという言葉どおり、板についた着こなしぶりが端正で洒落ている。

市川 純一郎

1955年 京友禅型紙商の八代目として生まれる。
1977年 同志社大学経済学部を卒業後、染色の道へ入る。
1985年 独立。きものおーとくちゅーる純一郎設立。
1986年 京都青蓮院門前において初の作品展を開催。
1992年 ロスアンゼルスでのきもの作品展に参加するほか、京都で年2回の作品展など精力的に活動。
1994年 NHK京都放送局長賞受賞。