実践!きものコーディネート

盛夏の着回し術

涼感の演出や透ける素材を楽しむことが、盛夏の装いの醍醐味です。今回は3名のモデルがご自身のコーディネート術を大公開! 個性あふれる夏の着こなしをお届けいたします。

撮影/林 秀憲 ヘア&メイク/おおつか みつえ 協力/石山 美津江 構成・文/林 みち子

高木 紀子さん(茨城県在住)

  • ダークな総紗縫の袋帯で甘やかなきものの印象を引き締めて
    大人のピンクに惹かれて求めた紗のきものです。装いをすっきり仕上げるために、カラスウリを織り出した黒地袋帯をセレクト。年間を通して結べる総紗縫の袋帯です。控えめな帯留めでニュアンスを添えて。
    きもの/加納幸 帯/となみ織物
  • きものと同系色の金糸入り夏袋帯で装いをグレードアップ!
    きものと同系色の夏袋帯を選んで、全体をソフトな雰囲気にまとめました。金糸を織り込んだこの帯は改まった席にもぴったり。以前、夏の結婚式に着用したお気に入りの一本です。小物も同系色で上品に。
    きもの/加納幸 帯/加納幸

Model Profile

高木さんはご主人と龍ヶ崎市にお住まいです。もともときものが好きで、いつかは着付けを学びたいと思っていたそうですが、長年携わってきた仕事を辞め、時間にゆとりができたことから着付教室に通われたといいます。

「お教室に通ったことできものの魅力にハマってしまい、今ではすっかり虜です。また染織の行程などを知る機会にも恵まれ、伝統の素晴らしさを肌で感じています。きものを着ると背筋が伸びて、凛とした気分になるから不思議ですね。この非日常的な感覚が大好きで、きものに明け暮れる毎日です。日本和装のイベントや明治座の舞台にチャレンジしたり、友人たちと小旅行に出掛けたり、きものに出会えたことを心から幸せに思っています」