実践!きものコーディネート

初春の着回し術

新年から春にかけてはご挨拶や新年会、また卒業式や入学式などきものを着る機会が最も多い季節です。今回は3名のブリリアンツのとっておきコーディネートに加えてコート姿もご披露。この時期のお出かけに映える個性薫る装いをお楽しみください。

撮影/林 秀憲 ヘア&メイク/おおつか みつえ 協力/奥泉智恵 構成・文/林 みち子

part1 吉岡 美恵子さん(兵庫県在住)

  • パーティ会場でもひと際映える
    華やかなひと揃い

    きものと帯の流線を呼応させ、ドレス感覚の華やかな雰囲気に仕上げました。この袋帯は緯糸に和紙をリボン状に織り込んだ高度な技が光る一本。帯留めでグレードを高めた装いはパーティでも大活躍しています。
    きもの/長嶋成織物 帯/長嶋成織物
  • 絞りの訪問着を羅文の袋帯で引き立てたモダンな着姿
    総身に流れるように柄を配した総絞りの訪問着は軽くしなやかで、重厚感のある従来の絞りとはまったく異なる着心地が楽しめます。羅文の袋帯を合わせたモダンな着姿で、美術館や歌舞伎鑑賞に出かける予定です。
    きもの/長嶋成織物 帯/長嶋成織物
  • 凝った印象のぼかしのコートは
    冬の外出の必需品

    個性的なぼかしの雰囲気が気に入って、日本和装で初めて購入した思い出深いコートです。地紋入りの生地にぼかし染めと型染めを施した凝った印象が魅力。防寒着として冬の外出に欠かせない愛用の品です。
    コート/となみ織物

Model Profile

尼崎市にお住まいの吉岡さんは、ご主人とお嬢さんの3人家族。若い頃からきものが好きで、かつて2カ所の着付教室に通われたそうですが、日本和装の「ベルト3本で着られます!」というキャッチフレーズに惹かれて再度、着付けにチャレンジされたそうです。 「えっ! たったベルト3本で着られるなんてウソ〜、という思いで応募しましたが、本当に着られてビックリでした。まさに目から鱗です。初めの頃は和服での外出が気恥ずかしくてなかなか一歩が踏み出せませんでしたが、今では食事会や旅行、イベントなどにウキウキしながら出かけています。先日、娘にも着付けてふたりで出かけたレストランでフランス人の方から賞賛を浴び、嬉し恥ずかしの素敵な体験をしました。きものが世界を広げてくれたような喜びを感じています」