実践!きものコーディネート

秋冬の着回し術

秋から年末にかけては、お集りやパーティなど多彩な着こなしが楽しめる心ときめく季節です。今回は3名のブリリアンツがお気に入りのコーディネートでご登場!素敵な着姿をお届けします。

撮影/林 秀憲 ヘア&メイク/おおつか みつえ 協力/石山 美津江 構成・文/林 みち子

黒澤 聡子さん(愛知県在住)

  • 櫛織の袋帯で市松の大島紬を軽妙に装って
    グリーンの色合いと、端正な市松に惹かれて求めた大島紬。帯は和紙を織り込んだ櫛織の袋帯で、使い込むほどに体に馴染む軽やかな結び心地が魅力です。気軽なパーティでも活躍している爽やかなひと揃いです。
    きもの/大島紬美術館 帯/井上
  • 南国の風を感じさせる趣味性豊かなコーディネート
    市松の大島紬にあえて格子柄の袋帯を合わせた、遊び心のある洋服感覚の装いです。ダチュラの花を表した袋帯は田中一村の絵画をモチーフにしたもの。南国の風を感じながら、洒脱な着こなしを楽しんでいます。
    きもの/大島紬美術館 帯/大島紬美術館

Model Profile

名古屋市にお住まいの黒澤さんは、司会業や受付業に加えて、ビーズのアクセサリーやバッグ作りにも勤しむキャリアウーマン。ご両親が誂えてくださったきものに袖を通すことなく長年過ごして来たことから、お母さまの薦めもあって着付教室に応募されたとか。
「お教室で学んだ伝統の素晴らしさに魅せられて、今ではすっかり織りのきものに夢中です。洋服では考えられない色合わせや、自分が大切にしたいと思っていた女性らしい所作などを、きものが教えてくれた気がしています。美術館や展示会にも和服で出かけ、きものを日常に取り入れることで優雅な時間を楽しんでいます。そしていつの日か『黒澤イコールきもの』と周囲から認知されるようになったら嬉しいですね (笑) 」