実践!きものコーディネート

秋冬の着回し術

秋から年末にかけては、お集りやパーティなど多彩な着こなしが楽しめる心ときめく季節です。今回は3名のブリリアンツがお気に入りのコーディネートでご登場!素敵な着姿をお届けします。

撮影/林 秀憲 ヘア&メイク/おおつか みつえ 協力/石山 美津江 構成・文/林 みち子

part1 田中 静野さん(東京都在住)

  • パーティで装いたいモダンでシックなひと揃い
    大好きな濃い紫の地に金糸を織り込んだ、すっきりモダンな訪問着です。繊細な羽根模様の袋帯で、シャープな印象のきものに優しさを添えました。主人と参加するパーティで着こなしたいシックなひと揃いです。
    きもの/加納幸 帯/加納幸
  • 総刺繍の袋帯で統一感を持たせたゴージャスな装い
    重厚な雰囲気に仕上げるために、蔦を表した総刺繍の袋帯を選びました。きものと帯の金糸を呼応させ、統一感のある着姿を演出。落ち着いた小物でまとめた装いで、当院のスタッフの結婚披露宴に出席予定です。
    きもの/加納幸 帯/加納幸

Model Profile

ご夫婦そろって和服好きという鍼灸師の田中さんは、都内で手広く鍼灸整骨院を営むご主人の良きパートナー。子育てや仕事で忙しく、なかなかきものを着る機会に恵まれなかった田中さんに、「タンスに眠っているきものに袖を通さないのはもったいない!」と、ご主人がアドバイスされたことが、着付教室に応募するきっかけだったといいます。
「いつもは白衣姿で仕事をしていますので、きものを着るとワクワクして背筋が伸び、仕草までしとやかになるんです。この変身が和服の最大の魅力ですね。お教室に通ったことで楽に着られるようになり、主人も『やっぱりきものはいいなぁ』と、とても喜んでくれています。きものはおしゃれ心を満たしてくれる私の元気の源です!」