大人モダンなヘア&メイク

目指したいのは、どこから見ても美しいヘアメイク

大人モダンなヘアメイク「第8回」。ヘアメイクアーティスト・布施 智訪(ふせ ちほ)さんが、プロの技を駆使して新しい魅力を引き出します。全方位のきもの美人のヘアメイクをご体感ください。

撮影/林 秀憲 ヘア&メイク/布施 智訪 協力/石山 美津江 モデル/日本和装卒業生・株式会社メインステージ所属

Part8

目元をワイドに魅せるアイメイク

全方位からご覧いただけます。

ここがポイント

  • ● アイメイクの色は、きものや小物の中から一色を選んで。今回はまぶた全体にラベンダーピンクをぼかし、目尻に深みのある色(パープルではなく、少しブラウンの混ざったあずき色)をプラス。
  • ● アイシャドウで濃いめの色を選ぶ際、発色がビビッドすぎると浮いて見えたり、派手に見えたりするので、どの色(ブルー、グリーン、パープルなど)の場合でも少しブラウン味が混ざった色にすると肌馴染みが良く自然な感じに。
  • ● ストレートボブで軽さを演出するには、分け目をジグザグにして高さを出し、ヘアアイロンでアレンジして。ランダムに巻くとより動きが出ます。

岩田 久美子さん(名古屋局 卒業生)

独身時代に習っていた茶道教室で、きれいにきものを着こなしていた先生に憧れて、着付けを学びたいと思った岩田さん。お正月になるときものを着せ付けてくれたお母さまからも「私は自己流だから、着付けを覚えたいならきちんと習ってらっしゃい」という言葉をかけられ、日本和装の教室へ。
結婚して二人のお子さんに恵まれた現在は、きものを着るのはもっぱら子供の行事だとか。「私のきもの姿を見て、主人も興味を持ったみたい。七五三や入卒式には夫婦できものを着たいねと言って、主人もSAMURAIの刀シリーズ(※)を一式揃えたんですよ」。着付け担当はもちろん岩田さん。「私がきものを着ると小学二年の娘が喜んでくれて、『私も着たい』って。子供にも着せてあげたくて、先生に着せ付け術も教えていただきました」
岩田さんが初めてのモデル撮影で選んだのは、一目惚れした結城紬とはかた匠工芸の博多帯。「自分に合うアイシャドウの色がわからなかったのですが、今回教えてもらえて良かったです。子供が大きくなったら夫婦できものでお出かけもしたいですね」

※男きもの専門店SAMURAIの人気シリーズのひとつ「刀-KATANA」は、リーズナブルな価格で高品質を実現した「究極なる御召」です。 きもの、羽織、帯、長襦袢、仕立て込み 147,000円(税別) 詳しくはこちらをご覧ください。

part7を見る

ヘア&メイクアップアーティスト 布施 智訪さん

雑誌やテレビをはじめ、幅広い分野で活躍中。女性の可愛さや、自然な美しさを引き出すヘア&メイクに定評があり、数多くの女優や芸能人からも支持を集めている。