大人モダンなヘア&メイク

目指したいのは、どこから見ても美しいヘアメイク

大人モダンなヘアメイク「第7回」。ヘアメイクアーティスト・布施 智訪(ふせ ちほ)さんが、プロの技を駆使して新しい魅力を引き出します。全方位のきもの美人のヘアメイクをご体感ください。

撮影/林 秀憲 ヘア&メイク/布施 智訪 協力/石山 美津江 モデル/日本和装卒業生・株式会社メインステージ所属

Part7

自分で簡単にまとめられる上品なアップスタイル

全方位からご覧いただけます。

ここがポイント

  • ● 髪全体を一度にまとめると目尻が上がってきつい印象になりがちなので、まず両耳の一番高い位置を結んだラインで前後に分け、後ろ部分を一束にまとめる。
  • ● 前部分は、両サイド、中央の順で髪をツイスト状にひねりながらアップにして、ピンで固定する。サイドに後れ毛などがないようベースを整えることが大事。
  • ● アップにまとめた髪は、指で広げて毛先の動きを出すと、軽さが出てやわらかい印象に。

那須 美穂さん(東京局 卒業生)

「子どもの入卒式できものを着たい」と思い、日本和装の教室に通ったのが今から4年前。「実は入卒式は今年の春だったんです。準備が早いとよく言われますが(笑)楽しみながら着られるようになって、万全の体制で臨めました」。きもので出席した保護者の中に着くずれした人がいて「直してくれませんか?」と頼まれ、その場で応急処置もしたそうです。
卒業後も教室に通ったり、お友だちとランチに出かけたり、月に4〜5回はきものを着ているという那須さんは、現在メインステージのモデルとしても活躍中。「達成感もあり、楽しくモデルのお仕事をさせていただいています。やす子社長からプロとしてのアドバイスなどももらえて、自分磨きにもプラスになっていますね」
「礼装として着られるし、普段でも着やすくて万能」という洛陽織物の網代御召(あじろおめし)と、「ぷっくりした容姿が可愛くて一目惚れした」となみ帯でカメラの前に立った那須さんの表情はまさにプロの顔、とても輝いていました。

part8を見る

ヘア&メイクアップアーティスト 布施 智訪さん

雑誌やテレビをはじめ、幅広い分野で活躍中。女性の可愛さや、自然な美しさを引き出すヘア&メイクに定評があり、数多くの女優や芸能人からも支持を集めている。